ネット風評被害対策
検索結果にネガティブサイトが表示されるのを防ぐ!
ネガティブ記事
匿名掲示板やブログ、ツイッターなどソーシャルメディアを利用して誰もが簡単に情報発信できるネットの世界において、企業は常にネット上の誹謗中傷や事実無根の虚偽情報、機密情報の漏えい等の危険に晒されています。もしこのようなネガティブ情報が掲載されたサイトがネット上に出回ったら、即座に「企業名」で検索した際の検索結果に上位表示されてしまいます。もし、なんの先入観も持たないユーザーが、「企業名」や「ブランド名」で検索した際の検索結果に悪評サイトなどのネガティブサイトが上位表示されていたら、その企業の信頼性を損なうことでしょう。

ソーシャルメディア活用により、貴社に対する誹謗中傷や悪評といったネガティブサイトの検索結果位表示を阻止します。

「企業名」で検索結果最適化対策が必要な理由
ネット検索
検索エンジンが情報収集のツールとして認識されている今、企業に興味を持つ人は、インターネットブラウザに直接企業ホームページURLを入力することはしません。必ず検索エンジンの検索窓にて「企業名」で検索して、検索結果から企業情報を収集します。検索エンジンは、ネガティブサイトの内容の真偽に関わらず、影響力を持つと判断されたサイトを上位に表示させますので、クレーマーによる全くの虚偽内容の中傷サイトであっても、検索結果に上位表示させてしまうのです。そして、検索結果を見るユーザーは、たとえネガティブサイトであっても検索結果の上位に表示されていれば、信用してしまう傾向にあるのです。

無料相談
検索結果順位ポイント
先にネガティブサイトがネット上に出回り、頻繁にそのネガティブサイトが更新され続けることで、検索エンジンはより高い評価をネガティブサイトに与えてしまいます。逆にいえば、ネガティブサイトがネット上に出回る前に先行して検索結果最適化対策を継続的に施すことで、いつ出現するかわからないネガティブサイトによる検索結果の上位表示を阻止することができます。
検索結果の要素

検索結果最適化対策は、企業のリスク管理に必須の対策です!

※検索結果最適化対策とは、「企業名」「ブランド名」等のワードで検索を行なった際に表示される検索結果にネガティブサイトの表示を防ぎ、自社関連サイトで検索結果の1ページ目を埋めてしまう検索エンジン対策をいいます。
ネット被害
主なネガティブサイトは、ユーザーが自由に情報発信できるソーシャルメディアであることがほとんどです。
匿名掲示板やブログ、ツイッター、Q&サイト、フェイスブックなどのSNSサイトは、個人のユーザーが何時でも誰でも自由にアカウントを取得できてしまい、匿名で嘘の情報や誹謗中傷などをなんの制約を受けずに情報発信できてしまう恐ろしい一面を有しています。また、誰もが簡単に開設できてしまうソーシャルメディアでは、「なりすまし」による偽サイト出現にも注意しなければなりません。企業の自己防衛(ネット上のリスクマネジメント)対策として、できるだけ早期に主要なソーシャルメディアを企業の公式メディアとして立ち上げておくことをお薦めいたします。
無料相談

PAGE TOP

当サイトでは、SSLサーバ証明書を使用し、大切なデータを暗号化し送信しています。